地元のライディングチームに参加! 骨伝導ヘッドホンを初使用

JUGEMテーマ:ロードバイク総合

JUGEMテーマ:ヘッドホン・イヤホン

 

おはようございます。

今朝は4:15に早起きして、地元のライディングチームに参加してきました。

ライディングチームの名前は、『Joy Riders』というところです。

一応 同チームのFBリンク貼っておきます。

 

https://www.facebook.com/groups/6324827050/

 

同チームのことは、自分の持ってるTrekバイクのシンガポールの代理店で、

どこかローカルのチームがないか?あまりガシガシ過ぎないやつ(何故なら

シンガポールまで来てやってるような日本人は、かなりガシガシなのが

多くて、自分のような中途半端なライダーには付いていけない)と聞いて

教えて貰いました。

 

FB見て、メッセンジャーで参加したい旨連絡したら、すぐ代表っぽい

女性から返信あり、明日火曜日の晩のに参加するか?とかなり軽いノリ。

こちらは心の準備も出来てないし、平日は難しいから、土曜日から参加

したいとして本日の初参加となりました。

 

自分が申し込んだのは、5:20に待合せ場所集合して、30-33kph程度の

速度でChangi Park迄行って帰ってくるもので、65kmだから大体2時間強

かと試算。ローカルの人達と楽しく出来るかちょっとドキドキしながらの

待合せ場所に向かいました。

 

勿論というか、常時開催されているライドが、平日週末問わず朝晩あり、

もっと高速スピードのものや、ロングライドなどもありましたので、かなり

の層でカバーされてるかと思います。

 

待合せ場所がこちら。OCBC Bank Upper Thompson Branch前

 

 

自分の参加したライドは、20名弱の人数が揃ってきて、5:20ちょい過ぎに

出発しました。

もともと日本でやってた時も、基本的には一人乗りでしたので、あまり

グループでのには慣れてない上に、久々なのでペースとか走り自体に限らず

ジェスチャーとかも忘れてて戸惑いました。

前半途中から急に左足が攣る事態に直面し、徐々に集団から遅れるように

なってしまって、結局は完全に逸れるという情けない状況になりました。

ナビを使うも、なかなか自転車の場合のルート検索がgoogle mapでは

難しいっぽく、多分ここだろうなというルートで進みましたが、Punggol→

Pasir Risのリザーバーを渡る橋が見つからずに断念。

もと来た道を戻って、出発地点まで行くことにしました。

しかし本当に情けない💦。

 

出発地点で1時間以上待ちましたが、一向に現れる気もしないし、そもそも

戻ってくるのかも聞いてなかったので、8:30になったところで、諦めて

帰ることにしました。

明日も可能なら、もう少し短い距離で参加して、慣れてから、またこの

距離に参加したいと思います。

 

ちなみに本日のライドはこれです。

62.75kmです。

 

 

さて、骨伝導ヘッドホンの方は…と言えば、結論としては快適でした。

昨晩コメしたように、聞こえる音量が凄く小さくて、欠陥品じゃないかと

思ったんですが、ミュージックのところで音量調整出来るんですね。

それやったら、ボリュームもかなり上がって、実用性全く問題ない感じです。

これはなかなか使える!

 

 

是非皆さんもお試し下さい!

 

KSCAT 骨伝導 ヘッドホン Bluetooth 4.1 ワイヤレス ヘッドセット 高音質 CSR apt-X 技術 CVCノイズキャンセリング搭載 骨伝導ヘッドホン ハンズフリー IPX6 防水 スポーツイヤホン NICE5 (ブラック)

スポンサーサイト

コメント